贈り物バイブル┃名入れ万年筆や新築祝いは見た目にこだわる

タイミングを配慮

生花と木札

ギフト

開店祝いとして最も人気があるものは、生花と言えるでしょう。 バリエーションも様々で、バスケットなどでアレンジするパターンやスタンド花などがあります。 特にバスケットアレンジは、予算に合わせて大きさや花の種類もバリエーションがあるため、 開店祝いとして贈りやすく人気があります。 スタンド花はバスケットアレンジよりも豪華さが望めるため、 お世話になった人を盛大に祝いたい人向きです。 また生花の中でも胡蝶蘭は、特に祝う気持ちを表せるものとして人気です。 その他の生花よりも値段が張ることも多く、開店祝いに胡蝶蘭が並ぶ店には高級感が漂います。 いずれの場合も、特にビジネスの関係では、木札を添えるのが一般的です。 その場合、お祝いの言葉と贈り主の名前や名称を記載します。

届けるタイミング

開店祝いの品としては、観葉植物も人気があります。 生花よりも落ち着いた雰囲気を出したい場合、観葉植物がぴったりです。 ただし生花は数日から数週間で撤去するものですが、観葉植物はその後も生き続けます。 そのため店主の好みに合った観葉植物を選んだり、そもそも観葉植物で良いかどうかを、事前にリサーチする必要があるでしょう。 好みやニーズに合った場合は、ぴったりの開店祝いでしょう。 開店祝いは、開店当日に届くように贈るのが一般的とされていました。 しかし最近は、開店前にプレオープンのパーティーを行うことがあったり、 また開店当日は忙しいため、開店前に届くことを好む人も増えました。 その場合はパーティーの当日に届けるよう配慮しましょう。